H29年4月25日

今シーズン、ラストのチヌ釣り 爆釣でした!
この日は、今シーズン最後のチヌ釣りに和歌山、美浜港より釣行しました。ポイントに到着して、第一投目よりチヌのアタリが!立て続けに5匹ほど連続でチヌが釣れました。その後、日が出て時間が経つと餌取りのフグが出没し、針を切られてしまいます。その合間をぬって、釣る事に集中すると、ずっと継続してチヌが釣れ続き「このまま釣れたら、この魚をどう捌くね!?」と考えながらも釣れ続き、真鯛を1匹追加して納竿までにチヌが27匹、真鯛が1匹の釣果でした。27匹は自身のチヌの釣果としては最高の数になりました。

2017年4月26日 | カテゴリー : 釣行記録 | 投稿者 : freeman

H29年4月17日

この日は和歌山、塩屋港から、アジ&イサキ&飲ませメジロ釣りに出かけました。天気予報では、この日は雨で和歌山は大荒れの天気予報でしたが、早朝はまだ波風もましなようで、「何時まで釣れるかな?」とい感じでした。早朝4時過ぎに出船し、4時30分あたりから釣りを開始しました。確かに、波風もなく雨もパラパラと小雨程度でした。アジ釣りから始まり、型的には中サイズが多く、飲ませ用サイズのアジも5匹ほど確保しました。6時からアジと飲ませ釣りもスタートし、アタリを待ちます。7時半ぐらいだったと思いますが飲ませにアタリがでました。竿が入るのを待っていましたが、痛恨の餌を取られるだけになりました。8時30分あたりから予報通り、雨風も強まり波もでてきました。アジのポイントからイサキのポイントに移動し、イサキ釣りにチェンジしました。船長が「この時期のイサキは子を持った時期のイサキより脂がのって美味しいよ」と言ってました。飲ませ仕掛けはその後、アタリもなく波風と雨が激しくなって、飲ませ竿は納竿し、イサキ釣りだけにしましたが、海はますます荒れ模様で、波は2mは出てきました。雨も激しく10時に船長から終了の案内があり、魚を絞めるのは港に帰ってからということで、急いで港へ帰港しました。結果としましては、アジとイサキで50匹は釣ったと思います。

2017年4月18日 | カテゴリー : 釣行記録 | 投稿者 : freeman

H29年4月7日

この日は雨模様でしたが、明石にガシラ釣りに出かけました。早朝はメバルかと思いきや、ガシラから始めるという事でした。前回から感じているのですが、だんだんと、ガシラのアタリが少なくなってきているように感じます。毎週、船が出ている訳ですから、魚が少なくなってきたのかも?と思うのと、毎年、このあたりは、ガシラ釣りは4月で終わりですので、「ガシラ釣りのシーズンてあるんやなー」という感想です。途中、風が強い中、メバルにチェンジしましたが、だめで、再びガシラ釣りとなりました。型は比較的、良いのですが1月や2月みたいな、入れればアタリがというような事はありません。結局この日は、ガシラが23匹でした。

H29年4月3日

この日は、和歌山、美浜港より久々にチヌ釣りに出かけました。事前に船長に問い合わせしましたら、喰いが悪くハリス2.5号3ヒロ半ということでした。2.5号がなかったので2.75号で仕掛けを用意しました。ポイントに到着。1投目に小鯛が釣れました。しかし、この後、アタリがでません!船長が、「今、潮が止まってるな」ということで「このまま、止まったままやったら悲惨な釣果になるん違うん?」という恐怖にかられました。そして、餌取りがいて仕掛けを投入して2分で餌はなくなるという感じでした。8時ぐらいに、2分で上げた仕掛けに餌がまだ付いており、潮も上りで流れてきたように感じていた時、待望の1匹目のチヌが釣れました。それから3連チャンでチヌが釣れ間に真鯛も混じり、何とかチヌを10匹以上釣りたいという目論見でおりましたが、納竿の少し前にやっと10匹目のチヌが釣れギリギリ目標は達成しました。船長いわく「これで濁り潮になったら爆釣やけどな」ということでした。

H29年3月25日

この日は今月11日と同じ和歌山、塩屋漁港よりアジ&イサキ&飲ませ釣りに出かけました。集合時間が春になり4時30分の集合になりました。前回はそれなりにいい思いをしたので今回もと言うことでしたが、この日もアジ&イサキは型は小振りでしたが仕掛けを入れると必ず釣れる感じでした。ただ、爆釣というようなアタリではなかったですが・・。そんなアジ釣りの最中になんと!仕掛け3号ハリスにメジロが掛かってきました。横で覗く船長に「えらい重たいですがサメですかねー?」というような会話の中、慎重にやりとりしながら浮いてきたのがメジロでした。いやー、びっくりでした。そしてラッキーだったと思います。「船長いわく、3号は怖いなー」と言うことと何故か釣れたメジロが胃袋をだしていたので船長が「メジロが胃袋だすて、見たことないなー?なんでやろなあー?」と不思議がっていました。その後、飲ませ仕掛けに強烈なアタリが!凄いパワーでしたが無事に釣り上げました。ブリと呼べる80cmのぎりぎりサイズでした。結局、アジとイサキで60匹は釣れたと思います。それとメジロ1匹ブリ1匹でした。

H29年3月20日

この日は小潮で明石からメバル&ガシラ釣りに出かけました。ネットでのシュミレーションで予測しますと、8時30分ぐらいまではメバルで、それ以降はガシラ。思惑としては「ガシラ爆釣!」と予測。また天気も最高でワクワクして釣りを開始しました。シュミレーション通りに良型のメバルが3匹釣れました。8時過ぎまでメバルで粘りましたが潮が緩くなりガシラにチェンジ!「釣で~!」と気合いを入れて開始しましたがいつものようなアタリがありません!理由がなぜかわ分かりませんが、他の方も爆釣の人はいないようです。しかし、釣れるガシラは皆、良型ででかいガシラを皆さん釣ってました。私も数匹、良型ガシラが釣れましたが、アタリが散発的で釣果は伸びませんでした。結果としてメバル3匹、ガシラが17匹でした。

H29年3月11日

この日はネットで情報を見て和歌山、塩屋港からアジ&イサキ&飲ませでメジロ釣り行きました。アジやイサキ釣りと飲ませ釣りと言うことは2本竿で釣るという事で「ほんまにええんかいな?」と初めてでしたが、竿受けも2セット用意して行きました。乗船のときに、船長に「竿を2本出してもいいんですか?」と聞きましたらOKとの事でした。ポイントに到着してアジ釣りを開始、もちろん、飲ませ仕掛けもスタンバイして餌サイズが釣れてから飲ませ釣りもするというやり方です。1投目からアタリがありアジが順調に釣れて行きます。しかし型がそこそこあるので、餌サイズのアジが中々釣れず、船長の「飲ませは日が出てからやで」と飲ませ釣りOK指示が出るまでになんとか3匹、餌用サイズのアジを確保。そして飲ませ釣りとアジ&イサキ釣りをしながらメジロのアタリを待つというやり方でした。アジやイサキ釣りは最後まで仕掛けを入れると釣れました。飲ませはアタリが4回あり1回は餌を取られてしまい、1回はアワセが早く針外れ、結局2匹のメジロをゲットしました。もう少し大きかったらブリになるのですが、この日のクーラーでは曲げて入れないと入らないサイズでした。釣果については、メジロ2匹、アジ47匹、イサキ12匹でした。この船のいいなと思っている点は、このあたりでは少ないと思いますが、各自用にイケスがあることです。帰る直前まで魚を生かせておけますので鮮度抜群で持って帰れます。本日は非常に満足できた釣りでした。

H29年3月6日

この日は小潮なので明石にガシラ釣りに出かけました。雨も心配でしたが現地に着くと、曇りでなんとかもちそうな空でした。ここの乗合船は申込順で席を選べるのですが、ここで悲劇が!この日受付が始まって、私と同じ名字の方がおられるので、電話番号で確認されました。早い順番でしたので多分、私だと思ったのですがなんと!電話番号が違います!もう一人の人も番号が違い、結局私は、一番最後に自己申告にて「多分、最初に呼ばれてのが私ですが、番号が違います!」ということで、時既に遅し、皆さんそれぞれに場所を選んで座っています。私は結局、左舷のみよししかないのでそこに席を確保しました。「何の為に早く申し込んだんか、分からんなー!」「まー、しかし乗合船ではこういうこともあるわなー」という事で気分をリセットして、ポイントへ。この日も朝一はメバルです。そして、なんとメバル釣りが下手な私にも3匹釣れました。その後、ガシラも釣れるポイントに移動。私はメバルをやめて、ガシラ釣りに。しかし、潮の流れがまだまだ強く、皆さんよくメバルを釣っていました。一方、ガシラはアタリが少なく苦戦!10時ぐらいから潮も緩くなりアタリが良くでだしました。スパートをかけて、結局、ガシラが27匹、メバル3匹でした。感想としては、今年のガシラは結構、良型が多いなと感じました。それとも船長が良型ポイントを選んでくれているのかだと思います。

H29年2月28日

この日は初めての船ですが和歌山、印南からハマチ釣りに出かけました。予約のときに聞きましたら、席順は早いもの順だそうですので、早めに家を出て、場所取りにと船に荷物をおきにいったところ、既に左舷は埋まっておりました、仕方なく右舷に席を確保となりました。「うーん!やはり、認識が甘かったなー!みんな早いなー」と思いました。港を出てポイントに到着。早速、釣りを開始しましたが最初の1時間ぐらいは入れ食いのような感じでした。タモが少なく初めての船で勝手がわからず、最初の1匹目を船縁でタモを待ってる間に痛恨のバラシ!その後5匹をゲット。問題はここからです。右舷と左舷の違いがでてきました。時合いは遠のいたものの、左舷はポツポツながら皆さん釣ってますが、右舷はさっぱりです。腕の違いというのが大きいのでしょうが、できれば左舷でしたかったなーと思いました。結果は左舷の3名が11匹、10匹、8匹。右舷の私が5匹、隣が3匹、4匹という結果でした。

H29年2月19日

この日は小潮なので明石にガシラ釣りに行ってきました。朝一、日が昇るまでは、メバル釣りということで長い竿にメバルサビキをつけてトライしました。私はメバル釣りは苦手なので、あまりしないのですが、ガシラのいないポイントでは、やらざる得ません。いくつめかのポイントでアタリが!まぐれというか、ラッキー!というかメバルをゲットしました!その後、ガシラ釣りにポイントもチェンジしてガシラ釣りを開始しました。この日は船長の計らいか深場を主にせめて、良型のガシラが沢山つれました。最終的には、メバル1匹、ガシラ43匹で満足の一日でした。
PS.写真のメバルは、撮影をわすれてました、内蔵処理をしたあとのものです。