イサキの造り

釣れたての魚を造りにするのも久々でしたが、この日釣れたアジ、イサキ、メジロの中からイサキを造りにすることにしました。食べてみると、身に甘みがあり、とても美味しかったです。釣った魚でしか味わえない感覚を久々に思い出しながらの食事でした。

初めてのしめ鯖

この間釣りました、良く肥えた鯖を-60℃で冷凍保存していましたが、今回、自分では初めて「しめ鯖」を作ることに挑戦しました。ネットでレシピを見ながら作ったんですが、それなりに、しめ鯖らしく仕上がりました。食べてみましたら、やはり脂がのっていて非常に美味しかったです。ちなみに私の母親はしめ鯖のときは必ず昆布を敷くのですが、今回のレシピでは昆布は敷いていませんでした。でも味はよかったです。

イサキの造り

今日釣りましたイサキを造りにしました。写真に写っているネギと茗荷のキザミを一緒に食べると美味しさが増すんです。腕がよければもう少し細く刻めるのでしょうけど。

スジイカの造りと天麩羅

釣りから帰って4匹ほど直ぐに冷凍保存をし、夕食時に解凍処理をして造りと天麩羅にしました。スジイカはスルメイカと比べると若干、身が柔らかくスジイカの名の通りの2本の筋が胴体にあるので、この筋の部分は切り取り、造りにしました。写真の黄色みがかっているのはエンペラーの部分です。造りと天麩羅どちらも食べてみますと美味しく、どちらかと言うとマイナーなイメージのスジイカですが食べるのには問題なしと評価しました。

イサキの造り

今日、釣りましたイサキをネットで見た「塩水処理」というのを試してみました。さばいた魚をサクに切る前に、塩水に1分ほど漬けると身の水分がでて美味しくなるということでした。そして私も、1分間塩水にイサキを漬けて、あとペーパーで水分を取って、サクに切って盛りつけました。食べた感じは、水気が抜けたのか少しもっちりしたような食感でした。これからしばらくは、この塩水処理をしてから食べてみようと思いました。

釣れたて明石蛸のタコブツ

今日、釣ったタコをタコブツにしました。粗塩をぶち込みタコ洗い洗濯機(タコ専用ではなく小さな洗濯機)でぬめりをとり、私の場合は鍋で2分ジャスト茹でて冷水につけます。あまり煮すぎると堅くなる気がして2分て決めています。食べてみましたが、さすが明石のタコ!むちゃ美味い!

アジの造り

今日、釣りましたアジを寿司屋の森チャンの店に届けました。この日は毎年7月に「ハモすき鍋」を食べるのですが、この時期でも玉ねぎが美味しい時期なので美味しいということでハモすきを頼みました。併せて、私の釣りましたアジも造りにしてもらいました。ハモすきはもちろん、むちゃウマで出汁の味も最高でした。アジの造りに関しては釣りたてにしては、プリプリ感はあまりなく柔らかめでした。いつも思うのですが美浜あたりで釣った真鯛、黒鯛、イサキなどなぜかプリプリ感がなく柔らかいのですが・・・?色々な持ち帰りのしかたや締め方も試しましたが何故か分かりません?唯一、想像できるのは、釣る地域だと思います。明石や鳴門などと同じ魚でも海流によって身の締まりが違うのか?と思っております。

初!イサキのカルパッチョ

今日釣りました、イサキを初めてカルパッチョにしてみました。カルパッチョと言っても無数のレシピがあり、今回は一番簡単そうなレシピに沿って作りました。食べてみましたが癖もなくオリーブオイルとレッドペッパーもマッチしており美味しかったです。

ガシラの造りとアラ

今日、釣りました大きめのガシラを造りにしました。姿造りにしようか?どうしようかと考えていましたが、ガシラの頭や、カマを見てるともったいなく思い、とりあえず塩をふっておき、すまし汁か味噌汁にしようということになり結局、ごぼうを添えて味噌汁にしました。造りは淡泊でコリコリして美味しく、写真にはないですがアラ汁も美味しかったです。

真鯛の造り

今日、釣れました手頃サイズの真鯛を造りにしました。でかい真鯛より30cmぐらいの真鯛の方が美味しいと感じました。