H29年4月3日

このエントリーをはてなブックマークに追加

この日は、和歌山、美浜港より久々にチヌ釣りに出かけました。事前に船長に問い合わせしましたら、喰いが悪くハリス2.5号3ヒロ半ということでした。2.5号がなかったので2.75号で仕掛けを用意しました。ポイントに到着。1投目に小鯛が釣れました。しかし、この後、アタリがでません!船長が、「今、潮が止まってるな」ということで「このまま、止まったままやったら悲惨な釣果になるん違うん?」という恐怖にかられました。そして、餌取りがいて仕掛けを投入して2分で餌はなくなるという感じでした。8時ぐらいに、2分で上げた仕掛けに餌がまだ付いており、潮も上りで流れてきたように感じていた時、待望の1匹目のチヌが釣れました。それから3連チャンでチヌが釣れ間に真鯛も混じり、何とかチヌを10匹以上釣りたいという目論見でおりましたが、納竿の少し前にやっと10匹目のチヌが釣れギリギリ目標は達成しました。船長いわく「これで濁り潮になったら爆釣やけどな」ということでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です