H29年3月11日

このエントリーをはてなブックマークに追加

この日はネットで情報を見て和歌山、塩屋港からアジ&イサキ&飲ませでメジロ釣り行きました。アジやイサキ釣りと飲ませ釣りと言うことは2本竿で釣るという事で「ほんまにええんかいな?」と初めてでしたが、竿受けも2セット用意して行きました。乗船のときに、船長に「竿を2本出してもいいんですか?」と聞きましたらOKとの事でした。ポイントに到着してアジ釣りを開始、もちろん、飲ませ仕掛けもスタンバイして餌サイズが釣れてから飲ませ釣りもするというやり方です。1投目からアタリがありアジが順調に釣れて行きます。しかし型がそこそこあるので、餌サイズのアジが中々釣れず、船長の「飲ませは日が出てからやで」と飲ませ釣りOK指示が出るまでになんとか3匹、餌用サイズのアジを確保。そして飲ませ釣りとアジ&イサキ釣りをしながらメジロのアタリを待つというやり方でした。アジやイサキ釣りは最後まで仕掛けを入れると釣れました。飲ませはアタリが4回あり1回は餌を取られてしまい、1回はアワセが早く針外れ、結局2匹のメジロをゲットしました。もう少し大きかったらブリになるのですが、この日のクーラーでは曲げて入れないと入らないサイズでした。釣果については、メジロ2匹、アジ47匹、イサキ12匹でした。この船のいいなと思っている点は、このあたりでは少ないと思いますが、各自用にイケスがあることです。帰る直前まで魚を生かせておけますので鮮度抜群で持って帰れます。本日は非常に満足できた釣りでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です