H28年7月20日

このエントリーをはてなブックマークに追加

和歌山、塩屋からイサキ釣りに行ってきました。ここんとこ、自宅の食材保存用の冷凍庫が枯渇してきましたので、補充も兼ねて、イサキ釣りに。この日は天気は快晴で風も少し有り暑さはあまり感じず、快適な環境でした。イサキなので、そこそこ数は釣れるだろうという予想のもとで釣りを開始しました。最初の2投ぐらいは、アタリがでて釣れましたが、段々、雲行きがあやしく、アタリがあまりなく棚もよく分からない状態になりました。隣の手釣りの方は比較的とぎれなく釣ってましたが、それ以外の人は、私と似たような感じでした。潮が強く最終まであまり緩むことはありませんでしたが、この日、一応ということで持っていったオキアミが役にたちました。途中から餌でないと食わないような状態になり、それ用の仕掛けをちゃんと持参していないのが悔やまれましたが、生餌のお陰で、シイラ、オジサン、テンス、グレなどが釣れました。ラスト1時間になり、アタリが活発にでるようになり、イサキを追加しましたが、本日の釣果としては、イサキ23匹、テンス3匹、オジサン2匹、グレ1匹、シイラ1匹、ソーダガツオ1匹で五目釣りのようになりましたが、煮魚で美味い魚が釣れましたので満足しました。船長いわく、この時期のイサキはあまり釣れなくなり日によってムラがあり8月になるとまた釣れだすそうです。帰って魚を処理するのに1時間30分ほどかかりましたが、当分の魚はキープできました。

h28_07_20_01 h28_07_20_02

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です