H28年7月7日

このエントリーをはてなブックマークに追加

七夕のこの日、友人のN君と、日本海、小浜にイカ釣りに行ってきました。私が前回、下見というわけじゃないんですが、初めて小浜に出向いてイカ釣りをしてきたので、以前からイカ釣りをしたいと言っていたN君を誘いました。「和歌山でもイカはやってるけど、日本海の方が型がいいように思うわ」ということで、N君の会社のバンで小浜へ。現地に着くと先に8名ほどの常連さんみたいなお客さんが来てました。私らを入れると10名になります。17時前に出船。50分ほどでポイントに到着。この日は潮がさほど強くないみたいで、パラシュートアンカーで流し釣りではなく、いかりを下ろしての釣りでした。釣りはじめて、まったくアタリがありません。周りの人にもないらしく、船長が他船と無線や携帯にてやりとりしています。少し移動して、釣りをはじめますが、やはりアタリなし。21時過ぎでしょうか?みよしの常連さんが、イカを釣りました。私も時合いか!と言うことで深さを聞いてアタリをとりますとヒット!やっとイカが釣れました。その後、連続してアタリがあり60分ほどコンスタントに釣れました。その後、納竿まで、たまにポツリと釣れる具合で、船長が「今日は最悪やなー!」て言ってました。私はせっかく初めてイカ釣りをする友人を連れてきたのに最悪のコンディションとは「とほほ・・・」に気分でした。「こんなはずではなかったのに」海面はすごい赤潮でした。友人のN君は結局、4杯釣れて貧果でしたがボーズでなくてホットしました。この日の私の釣果はイカが14杯でした。

h28_07_07_01 h28_07_07_02

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です