H28年6月26日

このエントリーをはてなブックマークに追加

前回の和歌山のイカ釣り不発のリベンジということで、初めてですが若狭湾小浜からイカ&アジ釣りというコースに挑戦してきました。この日は釣り人も少なく5名でした。船長に会うなり、「今日は酔うで!昨日も半分ぐらいの人が酔ってたで!」ていきなりパンチをあびせられました。「波がきついんや!」と思いつつ、沢山釣れたらいいのないなと思いつつ、15時前に出船しました。日が落ちる前まではサビキにてアジ釣りです。目標は10匹でしたが、以外とアタリがなくアジ3匹、ハゲ1匹、チャリコ1匹でした。船長は「昨日と全然違って釣れんなー!」と言ってましたが・・・。海の状態は段々波もおさまり、ほぼ凪状態です。19時ぐらいからイカ釣りにチェンジしてポイント移動。水深80mぐらいのところでしたが、スルメイカを釣るなら深場、マイカを釣るなら30mから上で、スルメはもう数はあまり釣れないからマイカを狙えば良いとの船長の指示でした。仕掛けが浮きスッテ仕掛けなんですが、どうも、下調べでは和歌山よりは、ハリスが細い気がしてたんですが?大阪の釣具屋にて若狭湾用イカ仕掛けと豊後スッテの2種類を購入してました。私はベテランでは決してないのですが和歌山ではいつも豊後スッテを使用してるんで、この日も豊後スッテにしました。釣りを開始して何度も、後ろの人とお祭りになり、どうも原因は私にあるように思いました。豊後スッテはハリスが太く感覚も2m以上あるので、どうもこれが原因のように思い、若狭湾用の仕掛けに変えてやると、まったくお祭りしなくなるようになりました。恐らく原因はハリスの太さだと思います。小浜では3号ぐらいのようです。一方、釣果の方は、船長が言うように上を狙うのですがアタリは散発状態で、またしても船長が「今日はアタリがない、難しいなー」と言ってました。それでもマイカが何匹かは釣れました。22時30分ぐらいからアタリのない釣りにガッカリモードで、だめもとで、水深を60mから55mあたりまで落としましたらアタリが!スルメイカです。それから終了まで深場にてスルメイカをコンスタントに釣りました。「こんなことなら、もっと早くからスルメイカを狙えばよかったなー!」て思いました。

h28_06_26_01 h28_06_26_02 h28_06_26_03 h28_06_26_04

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です